TOP > 投票館の機能

投票館の機能・効果・仕組み

基本料金は無料、月額料金で以下の機能を全てご利用いただけます。
また、同じアカウントで複数のコンテストを同時に開催できます。※個別契約

応募機能

メールアドレスと名前(ニックネーム)の登録だけで
投票館で開催中のすべてのコンテストに応募可能です。※スマホ対応
写真(1~5枚)の並び替えでメインページの写真を
変更することができます。※PCのみ

投票機能

登録なしでどなたでも投票できます。

ランキング表示

投票数に応じて、
自動的に順位が入れ替わります。

表示切替

一度に見られる写真枚数の
切り替えができます。

SNSリンクボタン

応募者詳細ページにあるSNSへのリンクボタンを
活用してPRができます。

基本デザイン

メイン画像をご用意いただくだけで簡単に開催できます。
デザイン制作を投票館に依頼する場合は、
デザイン制作費45,000円(セットアップ料金も含まれています)が別途必要となります。

1

メインページ

投票期間中、常に表示されるページです。

2

投票前応募ページ

投票が始まる前の応募(募集期間)ページです。
コンテストの告知ページとしてご利用できます。

3

応募者詳細ページ

応募者の他の写真・コメント・SNSアカウント等が
確認できるページです。
投票が始まると公開されます。

4

応募ページ

ユーザーが応募する際に見るページです。

5

お問合せページ

コンテスト主催者にお問合せをするフォームです。

応募機能

応募写真は目的に合せて1〜5枚に設定できます。
※対応フォーマット:jpg・png
動画は1動画のみの対応となります。
※対応フォーマット:mp4・MOV
応募者詳細ページの項目を自由に設定できます。
(例) 愛車自慢コンテストの場合、名前・コメント以外に
メーカー名・年式等の項目を追加できます。

投票機能

投票の回数制限を4パターンから選べます。

  • 1日に1回、1人に投票
  • 1日に1回、複数人に投票
  • 期間中に1回のみ、投票
  • 期間中に1回のみ、複数人に投票
投票ボタンは最大4つまで設定できます。
(例)料理コンテストの場合、
「いいね」「おいしそう」「食べたい」「美しい」等を
設定できます。

公開機能

  • 応募期間終了(応募締切)後に

    投票を開始するパターン。

  • 期間中はずっと応募可能で、

    投票開始日を設定するパターン。

公開前チェック機能

不適切な画像を事前にチェックし、
非公開にできます。
主催者が承認するまで画像は表示されません。
また、公開中の画像を非公開にすることもできます。

データ保存

コンテスト終了後、60日間データを保存しています。
投票結果発表としてご利用ください。

オプション

有料で中間発表・結果発表ページを
ご利用できます。

コンテスト実施の
効果と仕組み

投票館は企業やお店、商品やサービスのアピールを目的としたユーザー参加型のコンテストで、 コンテストページ内に主催者の「ホームページ誘導バナー」を随所に設けています。
コンテストは応募者の行動を促すので、応募者のフォロワーからフォロワーへ拡散され、 コンテンツの露出度アップが期待できます。
企業やお店、商品やサービスを多くの人に知ってもらいたいときに、 とても効果的なマーケティングテクニックです。
また、お客様との交流が増え、絆が深まります。

どんな効果があるの?

フォトコンテストや動画コンテストを開催する事で、
多くの参加者の目に留まり認知されるので、
幅広い年齢層・全国の人にアプローチする事が可能です。
更に、コンテスト内容を、商品やサービスと連動させる事で認知度は格段に上がります。

1.コンテスト開催の告知
主催者はコンテストを開催する事をSNSなどを
使って告知し応募者を募ります。
投票館もSNSを使ってコンテストの開催を拡散
いたします。
2.応募者がSNSで拡散
コンテスト応募者は自分のSNSなどでコンテスト
に応募した事と自分への投票を呼びかけます。
3.呼びかけられた人が応募者に投票
応募者の呼びかけに応じてコンテストに興味を持った人が投票する。
4.投票は1日に1回できる
投票は1日に1回ずつ何人でもできるので応募者
が増えれば、投票回数も増えていき、応募者、投票者
ともに主催者ホームページへの誘導バナー
を見る機会が多くなります。

※投票の回数制限は下記の4パターンから主催者の設定により変わります。

5.主催者ホームページへの誘導
主催者のホームページ誘導バナーはコンテスト
のトップページ以外にも応募者プロフィールペー
ジなど複数設置されているので色々な所から
ホームページにアクセスできるようになり、多くの
人をホームページへ誘導することができます。
また、コンテスト開催中、開催後でも応募者全員
にメール送信ができ、アピールが可能になります。
6.結果発表でも再アプローチ
コンテストが終了してもその結果発表やプレゼント、
参加賞のやり取りで宣伝効果の継続も期待できます。